FC2ブログ
鳴門大橋へおでかけ

鳴門大橋

に家族でおでかけしてネット!


淡路島は兵庫県です。って当たり前なことでも大阪にすむ自分には四国と同じくらいの遠い所です。
さて徳島から淡路島経由で帰路につく訳ですが、この経路でもまだまだ遊ぶところがあります。
私が行ったときは、旅行プランと、鳴門の渦潮の見所時間帯(いつも渦がよく見える訳では無いのです!)が合致しなかったので、今回は見に行っていないのですが、下記にホームページをのせておきますので、旅行計画に、渦の見える時間帯のタイミングを入れてください。

鳴門大橋の『渦の道』にあるガラス張りの上にのって直下の渦を見るのを楽しみにしていたのですが、ホームページの『潮見表』を確認して頂くとわかりますが、微妙な時間です。記念館も紹介されているので見学等して時間を調整してください。

観光汽船で近くで見ることもできるようです。
渦の道ホームページはこちら
uzu_convert_20080505101220.jpg


ちなみに我が家は徳島で寝直しをしたとはいえ、お疲れで、あすたむらんど徳島で楽しんだ後は、淡路島南パーキングエリアで、家族みんなで熟睡しました。
やはりお金を出した高速のパーキングは安心度が違います。
私が行ったときには、ここのレストハウス(畳の部屋があるので男だけなら十分寝れる)に、電動マッサージ椅子が無料で設置してあったので、大人夫婦はここでしばし疲れを癒したのでありました。

つぎは、朝から、『淡路島のココラヘン』に向かいます。




他の 道の駅・パーキング 記事へ移動する








ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



スポンサーサイト



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行



| 道の駅・パーキング | コメント(0) | トラックバック(0) |
pagetop
道の駅の車中泊の恐怖
室戸岬のほんのちょっと手前の道の駅車中泊した時の怖い話です。
道の駅に車を止めて、眠る準備をした時から、自分以外の車は無かったのですが、熟睡できていいや、、という甘い気持で眠ったのです。

すると、音の無いはずの深夜に、道の駅車中泊している私の車の周りを、数十台の暴走族のバイクが、爆音を響かせ、鉄パイプを床にこすりけ、火花を散らしてながら、ぐるぐる走り回っていたのです。
身の危険を感じた私は、家族を静かに起こし、いつでも警察を呼べるように携帯を握りしめてじっとしておりました。車は私1台だけでした。

今の車はカーテンがあるので、中は見られてません。
カーテンの隙間から、火花を散らしてぐるぐる回る光景を覗いてました。
30分程たったあと、連中が国道でレースみたいなのを始めました。

しめた!と思い、道の駅から全員一瞬いなくなったタイミングを見計らって、そこから超違反スピードで脱出し(追いかけても追いつけないように)、そのまま一気に徳島の複数の車が停車している道の駅まで避難して、やっと安心して睡眠をとることができました。

この徳島の道の駅は、同様の車中泊組も多く、交通量も多いので安心です。

そういえば、私が車の免許をとって1年目くらいの21年ほど前(当時橋はなかったので小松島フェリーで和歌山あたりから渡ったと思う)でも、室戸岬で車中泊している時にも、車の外で、連れと少年ジャンプを読んでいたとき、警察官が顔にライトを照らしつけてやって来て、このへんは暴走族がくるので、この辺にいない方がいい、、という忠告を受けたのを覚えています。

どうもこのあたりは、暴走族話は古くからあるみたい。
また道に信号が少なく、夜は車の通行量も異様に少ないので、皆さんも1車だけの車中泊には、充分気をつけてください。

(追伸)
今回の四国の旅行編では、あえて、他の四国の観光地を紹介していなかったりします。
他、飛ばしましたが、足摺岬、室戸岬(もっと子供を授かりたいときは、なんか子授岩みたいのがありましたので、祈願するといいかも)や高知城や、はりまや橋見物を加えてください。

また、時間がない場合は、高知から、そのまま北上し、大歩危小歩危を通って瀬戸大橋を渡って本州に帰るコースもあります。




他の 道の駅・パーキング 記事へ移動する








ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行



| 道の駅・パーキング | コメント(0) | トラックバック(0) |
pagetop
道の駅『ふれあいパークみの』のコスモランドみの

ふれあいパークみの(コスモランドみの)

に家族でおでかけしてネット!


(1)家族旅行で感じた、この施設の楽しみ方


与島 PAで夜明けとともに朝を迎え、早々に四国に向かったあと、愛媛方面に走ってすぐあるのが、ここ道の駅ふれあいパークみの』の【コスモランドみの】。
無料で、営業時間もないので、朝早くから、超長い滑り台が複数あり、迷路のように繋がった遊具や滑り台で、子供たちも大満足。
その後、動き始めた【ラブリーモノライダー】に家族で乗って広大な園内を一周して楽しみました。朝一番から、しっかり遊べるところが goodです。

(2)おでかけスポット 満足度(☆5点満点)


癒し度:☆☆☆☆
赤ちゃん~幼児満足度(幼児以下):☆☆☆☆
小学生満足度          :☆☆☆☆
中学生以上満足度        :☆☆☆
大人満足度           :☆☆☆☆
ここの遊具は広大で楽しい。

(3)知って得する! おでかけスポット情報
  (格安の割引クーポン券等)


ふれあいパークみの(コスモランドみの) は、どこにあるの?
(車のカーナビ設定)


住所: 香川県三豊市三野町大見乙74
電話:0875-72-5300
  

ふれあいパークみの(コスモランドみの)の入場料は?


入館料:無料
   ラブリーモノライダーは大人500円子供300円

ふれあいパークみの(コスモランドみの)の、格安の割引クーポン券はあるの?

    
・無料!(乗り物だけ有料、遊具は無料!)

ふれあいパークみの(コスモランドみの)の駐車場料金はいるの?


駐車料:無料!

ふれあいパークみの(コスモランドみの)の営業時間は?


8:30~17:00
 乗り物は開園時間あるけど、遊具は夜明けから利用可能(だった)

ベビーカーは?


駐車場横が遊具なので、いらない。

(4)おでかけ先のホームページ


コスモランドみの、ラブリーモノライダーの案内はここ!




他の 道の駅・パーキング 記事へ移動する








ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行



| 道の駅・パーキング | コメント(0) | トラックバック(0) |
pagetop
旅の前に温泉のある道の駅をチェック!

旅の前に温泉のある道の駅をチェック



車中泊家族旅行には入浴できる所を探すのが必須ですが、車中泊にかぎらず、ドライブの計画に簡単に入浴できる温泉スポット情報はつかんで行きたいものですね。

わたしの大好きな道の駅で、温泉が付いている施設を、わざわざ道の駅マップから付属設備でチェックしていたのですが、それを抜粋してくれている【温泉のある道の駅】サイトがありましたので紹介します。

そのまま身体が暖まったまま車中泊に突入するもよし、旅の疲れをとってお父さんは運転、家族は後部座席の別途で熟睡帰宅というのもいいですね。
日帰りの場合も、下着とタオルの用意を忍ばせておくと便利ですよ。

(冬の車中泊のすすめ)

最近寒くなってますので、敷き布団(厚いかマットレスタイプの方が凹凸を緩和します)、かけ布団(羽毛布団がおすすめ)、人数分の毛布、カーテンも隙間をうめるクリップ(隙間から覗かれる)をお持ち下さい。

敷布の下の窪みや、シートベルトの台座など固いところは、着替えやタオルを敷くと寝心地が良くなります。
また窓からコールドドラフト(冷気が降りてくる)で喉が痛くなるので、家族の人数が多くて、窓側で寝ないといけない大人の為に、カーテンの隙間を止めれる(後がのこらず簡単に外せる)マジックテープがあると便利かも。

とりあえず、靴下2重にはいてジャンバーを着込んででも防寒すれば、氷がはる季節でも大丈夫。どうしても寒い時のみ、エンジンかけてアイドリング暖房しましょう
(今ガソリン高いので、耐えれるうちは耐えましょう)

あとは、ダミーのLED防犯装置(昼間太陽光で充電して夜中自動点灯するもの)があれば、安心。本物は、寝相が悪いと深夜の静けさの中、警報が鳴り響くと、大慌てパニックに陥ります。




他の 道の駅・パーキング 記事へ移動する








ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行



| 道の駅・パーキング | コメント(0) | トラックバック(0) |
pagetop
道の駅 車中泊のすすめ

道の駅 車中泊のすすめ


家族で節約旅行をする時、宿泊費も節約したいときありますよね。
私ん家では、子供が小さい時は、よく車中泊を行いました。

特に、道の駅では、トイレや飲み物も24時間完備で、他のドライバーも入れ替えがあるので安心して利用できます。

ここで私の経験から
1)カーテンがあると便利、運転席と後部座席との間仕切りカーテンもつけているので
中が見られない。夏の海水浴の着替えだって、全く問題なし。
2)フルフラットシートにすることは必須ですが、人数が多いとシートベルトの台座や窪みで腰がいたいので、着替えやタオルを敷いた後に敷き布団(またはマット)が段差を埋めるためにも必須です。
3)車を置く場所は、トイレの横は、夜中のトイレに便利だけど、うるさいトイレ立寄の車のために起こされるので、少し離れてかつ、大型トラック置き場から離れて(ここも出入り激しい)置くのがベスト
4)全く車の出入りのないパーキングは、たとえ道の駅でも慎重に!
 特にトイレや他の施設が破壊や落書きが過激なところは、さらに慎重に!


でも朝、子供と夜明けとともに、歯ブラシもってトイレの洗面に行くのは楽しいです。
結構、同じような人たちがいます。意外と楽しいですよ。
遊園地や施設も、営業開始から1番乗りするのも、気分がいいですし、
夜明けの景色を見ながらのドライブも最高です。

<セキュリティのすすめ>
でも、安心しすぎるのも禁物、夜寝る際は、常に車の鍵はロックし、携帯の場所を確認し、いつでも出発できるようにしておくこと、できれば、ダミーのセキュリティもどきの
常時LED点滅する装置を目立たせて表示するのも有効(昼間の太陽電池充電式がいい)

私んちは本当のセキュリティもプラスしてかけて寝てましたので、寝返りがおおきいと、ピッピなるんですよ、、、、ダミーLED点滅(太陽電池式)は後方に取り付け。

(セキュリティは、私の車中泊経験からも必須です!)
高知のとある道の駅で寝ていると(私の車1台だけだったんです)、鉄パイプを床にこすりつけて火花を出しているかなりな台数の暴走族に、車の周囲をくるくる回られて、(みんな鉄パイプもっとるんですよ、、、これが)、ずっと車の中で携帯握りしめて、嫁と娘と他息子2人もいるし、、どうしようって事が、、、、
おっと、この話は、別途、四国旅行編で書きますね。




他の 道の駅・パーキング 記事へ移動する








ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)



テーマ:子連れ旅行 - ジャンル:旅行



| 道の駅・パーキング | コメント(0) | トラックバック(0) |
pagetop
| ホーム |